手づくり紅ショウガ

新ショウガが出回る時期

・初夏(6〜8月)

・秋 (10月)

 

梅干しを漬ける初夏に

よく出回りますね。

 

新ショウガが手に入れば

何時でも漬ければ良いです。

 

f:id:ohagi88:20191030144610j:plain

市販品はどうしても

割安なモノは中国産。

しかも、恐ろしいほど真っ赤。

 

国産品はOh〜No〜!

ほんのちょびっとに、そのお値段て!

 

梅干し漬けてる、または婆ちゃんが漬けてる。

近所のオバちゃんが漬けてる。

汁(梅酢)たっぷり入った梅干しあるわ!

 

だったら、自分で作りましょう。

簡単やし絶対おいしい!

 

———————————————————

新ショウガ  300g(好きなだけ)

塩      適当(小さじ1〜2)

赤梅酢    ショウガが浸かるだけ

—――――――――――――――――――

 

f:id:ohagi88:20191030145834j:plain

皮のごついところ、汚れてるとこ

芽の先っちょは切り落とす。

全ての皮は剥きません。

 

f:id:ohagi88:20191030150417j:plain

スライスしたものに塩をまぶして、しばらく置く。

今回は梅酢が大量に出たので、梅酢でしんなりと。

どちらも変わらない。

 

余計な水分を出す行程。

 

f:id:ohagi88:20191030151046j:plain

水気を切りザルにあげる。

(↑どう見ても皿の上だが問題ナシ)

天気が微妙?

天日で裏表を乾かす。

カリカリにしちゃダメよ。

水っぽさがなくなればOK

 

ここで、千切りショウガに

千切りの方が使い勝手がよいと思われます。

 

玉子丼とか、チャーハンとか焼きそばとかね。

 

f:id:ohagi88:20191030144610j:plain

消毒した瓶に

千切りしたショウガをこれでもか!と

詰め込みまして、赤梅酢をナミナミ注ぎます。

 

今年は赤じそを大量にもらったので

ここにも投入。普段は入れない。

でも、おかげですっごい発色。キレイ。

 

数時間で使えるように。

 

f:id:ohagi88:20191030153805j:plain

千切りせず、スライスのまま漬けたもの。

こっちは淡いピンク(追い赤じそ無し)

これは、お弁当の箸休めに入れたりしてます→